自転車走行距離

F1

2010年8月 6日 (金)

本物!? NSX-R GT

一昨日の夕方、定点ポイントで富士山を撮影していた時に、良い響きをしたエンジン音が聞こえてきたので、ふり返るとNSXでした。で、その姿はなんとスーパーGTでおなじみだった、リアウインドウ上部にちょんまげが付いていました!

参考写真 ↓ クリックすると拡大します

Dsc_0221

って事は、もしかしてスーパーGTのホモロゲ取得の為に5台だけ生産された(1台5000万円なり!!)幻の「NSX-R GT」か~!?

あっという間に通り過ぎてしまったので写真に撮れなかったのですが、10分程すると走り去った方向から再びエンジン音が響きました!

Dsc_0193

で、撮れた写真です!

外観上はNSX-R GTそのものでしたが、はたして世に5台しか存在しない本物かそれともレプリカか!?

実際にはカタログ上でしか見る事が出来なかった車なので真相は...

富士山ナンバーだったので、レース関係者が乗っている車かな?

もう一度、止まっている所をじっくりと見てみたいな~!

ちなみに発売当初1台しか売れなかったという話でしたが、最終的に5台すべて売れたと言う話もあるらしいです。

2010年3月26日 (金)

フォーミュラニッポン公式合同テスト 2day

密かに計画していた、富士山一周も朝起きてみたら雨!!

おまけに富士五湖方面は積雪の為、完全に中止(>_<)

家の中でも聞こえるエンジン音がしたので、スピードウェイのHPを見たら、フォーミュラニッポンのテストdayだったのね!

て事で、予定変更!

カメラをひっぱり出してスピードウェイへGO!

で撮ってきた写真を少しご紹介!

※写真をクリックすると拡大します。

Dsc_0008_2

Dsc_0019

Dsc_0154

Dsc_0120

Dsc_0055

Dsc_0031

Dsc_0110

Dsc_0002

Dsc_0001

Dsc_0173

Dsc_0195

Dsc_0160

撮影機材

カメラ ニコン D200

レンズ ニコン AF-I 500mm F4

テレコンバーター ニコン TC-14EⅡ(1.4倍)

Dscf3453

しっかし寒かった~(*_*)

スピードウェイの裏山(三国山)は真白!!

Dscf3452

2009年10月 2日 (金)

F1 世界選手権 イン ジャパン

今日、F1 日本GPが鈴鹿サーキットで開幕しましたが、地元の富士スピードウェイは又も2年間の開催で中止。

1970年代と2000年代、各2年計4回のF1開催で終わってしまうのでしょうか?

懐かしい物がまだとってあったので少し紹介。

Cimg0717

1976年のF-1 世界選手権 イン ジャパンの公式プログラム。

豪雨の中、ジェームス・ハントがニキ・ラウダのポイントを逆転してチャンピオンを獲得した名レースです。

名車のタイレルP34(6輪車)も走っていました。

Cimg0718

当時の入場券!

Cimg0719

続いて1977年 F1 日本GPの公式プログラム。

Cimg0720

日程には「ブリヂストンサイクルロードレース」と書いてありました!自転車レースも開催されていた様です。

Cimg0711

Cimg0716

Cimg0712

このレースでは、ジル・ヴィルヌーヴが立ち入り禁止区域に入り込んでいた観客に突っ込み観客とガードマンが死亡した痛ましい事故が起こりました。この事故が原因で以後、1987年まで日本でF1は開催されませんでした。

当時、家からスピードウェイまで歩いていって、レースよりも駐車場に止まっていたカウンタックやロータス・ヨーロッパ、ランチア・ストラトスをみつけて喜んでいたのを覚えています。(スーパーカー少年でした!)

レースの方はメインスタンド中央付近で観戦していてレース序盤にマリオ・アンドレッティがヘアピンでクラッシュしリタイアした場面とメインストレートを走るジョディ・シェクターのウルフが印象に残っています。

Cimg0724

タイレル・フォード P34 6輪車

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

山中湖 絶景くん

タイトルのみ表示


無料ブログはココログ