自転車走行距離

カメラ・写真

2011年2月12日 (土)

パナソニック LUMIX DMC-GF1

いくら小型軽量と言っても、ニコンD40を背負って自転車で走るのは結構こたえます。

ボディよりもズームレンズが重いのが問題なんですが(笑)

色々と調べていたら、今流行りの小型軽量のミラーレス一眼が結構良さそう!

その中でも評価が良さそうなのは、「パナソニック LUMIX DMC-GF2」でしたが、こちらすべての操作がタッチパネルなので、自転車のグローブをしたままの操作は難あり、おまけに出たばかりなので高い!

で、たどり着いたのが旧モデルの「パナソニック LUMIX DMC-GF1」です。

でも、探してもすでに新品での購入は不可!(高い店は売れ残っていますが...)

そんな訳で、中古を探していたら、人気の白モデルの程度の良い中古があったのでゲット。

3年保証付きで、ボディのみ¥19800円でした。

Dscf4330

Dscf4332

それに、これまたGF2レンズキットから未使用で売りに出されたと思われる、新品同様中古のズームレンズを¥15800円でゲットして、自転車用一眼レフになりました。

Dscf4327

このカメラ、マウントがマイクロフォーサースなので、オリンパス他のレンズも使えます。レンズを中古でそろえれば色々と使えそうですね。

ニコンD40と比べるとかなりスリムです。

Dscf4335

重さはボディとレンズで約500g位です。(D40のボディの重さとほぼ同じです。)

肝心の写りは

P1010663

P1010673

コンデジよりはるかに良いでしょう!

2010年11月24日 (水)

F-2支援戦闘機

11月14日、富士スピードウェイで約20年ぶりにJAFグランプリが開催されました。

当日はJ-SPORTSで生中継されていましたが、オープニングセレモニーを見ていたら、これから航空自衛隊の戦闘機のデモ飛行ですと!

間もなくして、家の中にいても爆音が響き渡りました(ノ゚ο゚)ノ

ちょうど手元にカメラがあったのでカメラを持って外に出てみると、富士スピードウェイの上空を戦闘機が旋回していました\(゜□゜)/

後でテレビの解説を聴いたら、飛んでいたのはF4ファントムとF2Bの2機と言う事で、富士スピードウェイ上空150mを時速700kmで飛んだそうです。

で、デモ飛行が終わった1機がこちらに飛んできましたヽ(゜▽、゜)ノ

飛んできたのはF-2支援戦闘機の方でした。

Dsc_1112

Dsc_1113

Dsc_1114

Dsc_1116

Dsc_1122

足柄峠よりも低い高度を飛行しています。

Dsc_1125

Dsc_1126

Dsc_1127

Dsc_1128

Dsc_1129

Dsc_1130

Dsc_1131

Dsc_1132

Dsc_1133

Dsc_1134

Dsc_1135

Dsc_1136

Dsc_1137 

時間にしたらほんの1分の出来事でしたが、これだけ低空の戦闘機を見るのは初めてで、いいもん見たな~o(^▽^)o

去り際に、機体をちょんちょんと左右に振って飛び去って行って、トップガンみたいでかっちょ良かった!!

ちなみに、ものすごい爆音がいきなり聞こえてきたので、ご近所さんが家を飛び出たり、走行中の車が止まって戦闘機を見上げていました!

2010年10月 5日 (火)

月とオリオン座

日曜日の深夜(3時頃)に夜空を見上げたら、きれいに月が出ていたので、カメラを引っぱり出して撮影しました。(クリックすると拡大します)

Dsc_1460

撮影カメラ ニコン D700

   レンズ ニッコール AF-I 500mm F4D + テレコンバーター TC-20E

南の空には、冬の星座のオリオン座が!

Dsc_1491

撮影カメラ ニコン D700

  レンズ ニッコール AI 50mm F1.4

こちらの写真は、ケンコーのクロスフィルターを装着して撮影してみました。

Dsc_1483

これから空気が澄んでくるので、きれいな星空を眺められますね!

2010年7月 5日 (月)

AF Nikkor 50mm f/1.4D

古くから、一眼レフカメラの標準レンズは50mmですが、何時かは買わなきゃと早10数年(笑)

先日、マップカメラの中古レンズをチェックしていたら、AF Nikkor 50mm f/1.4Dの中古美品が出ていました。値段も手頃だったのでポチットな!

届いたレンズは殆ど使用していなかった様で、説明通りの美品レンズでした。

Dscf3747

Dscf3749

やはりf1.4のボケは凄いですね!(クリックするとオリジナルサイズで表示します)

Dsc_0340

Dsc_0341

明るい50mmf1.4のレンズは、オールマイティ使えますね!

2010年6月30日 (水)

ヘールポップ彗星

1997年に世間を賑わせた、ヘールポップ彗星を撮影したフィルムをデジタル化したので、ちょっとご紹介!

3月~5月の間に、見事な尾を披露してくれました。

撮影カメラ ニコン FA

※写真はクリックすると拡大します

071

141

261

091

101

この当時、今のデジカメ技術があれば、遥かにきれいな写真が撮れただろうなと思います!

2010年6月29日 (火)

D700で天の川

ニコンD700のウリは高感度撮影ですが、星空をテスト撮影してみました!

結果、凄いですね!!(クリックすると拡大します)

Dsc_0175

レンズ AIニッコール 35mmF1.4

撮影条件 ISO3200、絞りf2、露出3秒

家のベランダから適当に撮影ましたが、わずか3秒間の露出で天の川がハッキリと写っています。

ちなみにD200での撮影はこちら

Dsc_01161_2

レンズ AIニッコール 35mmF1.4

撮影条件 ISO400、絞りf2、露出16秒

でやっとこさこのレベルです。

D700、フィルムの時と世界が違いますね!

星撮りが楽しくなりそうです(^^)

おまけで月を!

Dscn06941

こちら、コンデジ(ニコンP100)の手持ち撮影です!

撮影条件 ISO160、絞りf5、露出1/99秒、露出補正-2.0、焦点距離678mm

昔は天体望遠鏡を使わなければ撮れなかった写真が、いとも簡単に撮影出来ちゃいます!

凄い時代になりました(^_^)

2010年6月27日 (日)

イメージセンサークリーニング

デジタル一眼レフカメラの大敵は、イメージセンサーに付着するゴミです。

センサーにゴミが付着すると、ゴミが写真に写り込んでしまう事があります。

最近のデジ一の殆どは、カメラにゴミを除去する機能が付いていますが、完全にゴミを除去出来るものではありません。

下の写真が実際にゴミが写り込んでしまった写真で、手作業でゴミを除去しないと取れないレベルです。ゴミが見えるか見えないかは写真の撮影条件により異なりますが、ゴミを取り除かない限り、すべての写真にゴミが写り込んでしまいます。(クリックすると拡大します。ゴミは〇印の中央のにじんだ丸です。)

Dsc_0246

イメージセンサーのクリーニングは、ニコンの場合、保証期間内でしたらニコンSCに持ち込めば、その場で無償クリーニングをしてもらえますが、地方に住んでいる場合は簡単に行けません。

そんな訳で、イメージセンサーを自分でクリーニングします。

※イメージセンサークリーニング時の破損・故障はメーカー保証が効きませんので、自己責任で行う必要があります!

お勧めのセンサークリーニングキットは、こちらのペンタックスのイメージセンサークリーニングキットです。

Dscf3723

実際に、ニコンD40のセンサーをクリーニングしてみます。

メニューから、「クリーニングミラーアップ」を選択して進んで行くと、

Dscf3713

この表示が出るので、シャッターボタンを押します。

Dscf3714

カメラを裏返すと、シャッターが開き、イメージセンサーが露出しているので、明るい光を当ててやると、ゴミがきらりと光ります。

Dscf3718

ゴミのある所を把握して、ペッタン棒をイメージセンサーに軽く押し当てると、大抵のゴミは除去出来ます。

Dscf3722

カメラにレンズを付けて、絞り優先モードで絞りをf16に、ピントを無限大にして、白い壁などを10cm程度の近距離から撮影して、ゴミが写らなければ掃除完了です。

Dsc_0313

これで取り除けないゴミについては、ニコンのSCでも使われている、クリーニングキットプロと無水アルコールでの本格的なセンサーのクリーニングが必要となります!

Dscf3724

Dscf3728

※こちらのキットでのクリーニングは使いこなせる様にトレーニングが必要です。

外箱には自己責任で使用の注意書があります!(クリックすると拡大します)

Dscf3725

ゴミはレンズ交換時にカメラ内に進入したり、シャッターを切った際にもカメラ内を移動して、センサーに付着する事があり、付かない様にするのは困難ですが、レンズを頻繁に交換しない、埃の多い所でレンズ交換しない、レンズ交換する時はボディのマウントを下向きにする等で軽減出来ると思います。

2010年6月23日 (水)

レンズ故障!?

先日、防湿庫を修理したついでに、防湿庫の中を整理して、約2年ぶり位にサンニッパ(NIKON AF-I NIKKOR 300mm F:2.8D)を取り出してカメラに付けてみたところ、オートフォーカスが迷走して合焦しません!

Dscf3697

Dscf3698

D700とF5に付けても同様の症状なのでレンズ側の問題と確定。さらにカメラボディにモーターを内蔵していないD40に付けてみたところ、レンズ内モーターは作動しているので、オートフォーカスセンサー辺りのトラブルと確定!!

カメラとレンズの間の通信がうまくいっていないので、レンズの接点端子の汚れかなとアルコールで拭いてみましたが改善しません(T_T)

Dscf3691

その後、各端子を数回、入念に拭いてみたところ復活しました\(^o^)/

D700を付けて

Dscf3694

試し撮りしてみましたが、オートフォーカスばっちりです!

※クリックすると拡大します

Dsc_0287

Dsc_0296

このレンズ、すでに販売終了から14年程経過しているので、メーカー修理も不可能かもしれないので、直って良かった(*^_^*)

念の為、接点端子に接点復活剤を塗布しました!

Dscf3696

やはりカメラもレンズも時々動かしてやらないとダメですね!

2010年6月21日 (月)

防湿庫故障

カメラを保管している防湿庫の1台が、実は2年ほど前から故障していましたが、放置しておりました。(滝汗...)

庫内の湿度が下がりません。(カメラ保管の理想湿度は45%です!)

Dscf3677

写真の除湿ユニットが故障しています。

Dscf3680

いい加減直さないといけないなと、メーカーに問い合わせてみたら、除湿ユニットの修理は出来ず、新品に交換ですと...

見積もりを見てみると、¥19,530円なり(T_T)

直さないわけにはいかないので注文しました(-_-メ)

で、すぐに新品のユニットが届きました!

Dscf3681_2

早速交換して、1日程運転させたらバッチリ直りました!

Dscf3684

これで広々とカメラを保管できます。

2010年5月25日 (火)

写るんです!

以前、フォーミュラニッポンの公開テストに行った時に、普段自転車で上っている山をスピードウェイから撮影してあったんですが、人が写るんですね!

東名富士CC 直線距離 約7km

で、フェアーウェイを歩いている人の姿がはっきりと!

(写真はすべて、クリックすると拡大します)

Dsc_01041

オリジナル画角画像(ファイルサイズが大きいのでリサイズしてあります)

Dsc_0104

誓いの丘 直線距離 約8km

誓いの丘の鐘と車が写っています!

Dsc_00571

直下の絶景見晴らしポイントのヘヤピンカーブ!(人がいたらわかりますね!)

Dsc_00572

オリジナル画角画像(ファイルサイズが大きいのでリサイズしてあります)

Dsc_0057

大野山 直線距離 約11.5km

山北中継局電波塔!(人がいればわかるでしょう!?)

Dsc_00471

大野山、山頂の見晴らし台!

Dsc_00472

オリジナル画角画像(ファイルサイズが大きいのでリサイズしてあります)

Dsc_0047

大野山の画像を見る限り、12km前後離れていても人が判別出来そうです!

撮影機材

カメラ ニコン D200

レンズ ニコン AF-I 500mm F4

テレコンバーター ニコン TC-14EⅡ(1.4倍)

レンズ焦点距離 700mm

※35mmフィルム換算 レンズ焦点距離 1,050mm

Dscf3453

より以前の記事一覧

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

山中湖 絶景くん

タイトルのみ表示


無料ブログはココログ