自転車走行距離

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

今年最後の? 富士あざみライン

前日の天気予報では、今日は晴れ予報という事で朝から快晴!

しかも暖かかったので、ひそかに予定していた今年最後の富士山5合目!?

日本一の激坂?、富士あざみラインへ行っちゃいました。(今年2回目)

前回の内容はこちらで。

まずはいつもの富士山撮影ポイントで!

P1000297

須走まで上りいよいよあざみラインへ。左に曲がります。

Dscf0676_2

序盤の直線区間、3km・12%勾配を淡々と上ります。

Dscf0682

直線区間を上りきると、とりさんの壁がお出迎え!

Dscf0687

ここからは九十九折、3km・9%勾配が続き少し楽になります。

Dscf0691

で、6km地点のこのジェットコースターみたいな坂を下るといよいよ激坂区間に突入します!

Dscf0700

※ここからしばらくは走りながら写真なんて撮ってられませんので下り時に撮影した写真を使ってます。

激坂の始まり、一合目・旧馬返しの看板(5合目まで6km)

Dscf0746

6~7km区間の直線激坂。

ここで後から来た速いローディさんに抜かれましたが、速い方でも蛇行しながら苦しそうに進んでいました!

(5合目でお話したら初めて上ったらしく、「きついですね~」とおっしゃっていました。)

Dscf0741

7.2km付近。

Dscf0738

下り側の看板!

Dscf0737

激坂が続きます。

Dscf0734

2合目の狩休バス停付近。(5合目まで3.7km)

Dscf0729

Dscf0730_2

7.5~8km付近この辺りが体感的に一番きつく感じます。

ここ蛇行しながらダンシングで上りましたが、前輪とシューズが当たらない様に注意しながらペダルをこがないといけませんでした。

Dscf0727

Dscf0725

上の写真のカーブミラーの有るカーブを上りきるとようやく傾斜が少し緩くなります。

(8.4km付近、ここは上りながら撮影)

Dscf0701

9km付近からまたきつくなります。(下り時撮影)

Dscf0724

10.8km付近。

Dscf0722

で、もう少しがんばると5合目に到着です!

5合目に着きましたがさらにがんばって一番上の駐車場へ。

(のろまなカメですが最後まで足つき無しのノンストップで上りきりました。)

最上段の駐車場では富士山がきれい!!

P1000302

山頂のアップ!

P1000303

上ってきた須走市街が見下ろせます。

P1000307

山中湖、5合目の紅葉もきれいです!

P1000309

写真を撮り終えて山小屋・菊屋さんへ。

まずはお約束の写真を!

Dscf0710

写真を撮り終わると、菊屋のおにいさんから美味しい椎茸茶を頂きました。

おにいさんの話では、今年は11月末まで山小屋を営業する予定だそうですが降雪しだいで11月中旬までしか営業出来ないかもしれないとおっしゃっていました。

で、今回は美味しい椎茸茶を買って来ました!!(650円なり。)

Dscf0773

菊屋のおじさんと少し話をして「来年また来ます!」と言って下りました。

菊屋のおじさんからは下りは、路肩の木の枝や鉄板が滑るから気をつけてと言って頂きましたので写真を撮りながらのんびり下りました。

道路の隅とセンターライン付近には写真の様な木の枝が延々と続いていますのでこれから上られる方は十分ご注意を!

Dscf0736

無事に入り口まで下って看板を撮影。「またどうぞ!!」って近いけどそんなに簡単に来れませんよ!!

Dscf0758

今年最後の富士山5合目!?、疲れましたが快晴の富士山を満喫出来ました!

走行距離 52.1km

091031azami

※ユピテル ASG-1がおばかさんでGPSの電波受信が弱く、激坂を上っているのに高度が下がると言うアホな記録が残っていますのでご了承下さい。足柄峠や富士山スカイラインでも時々起こります。本当は下り時と対象の波形になります。一度この現象が発生すると電波受信状態が良くならないと改善しません。

2009年10月30日 (金)

富士山 10月30日

今日は雲ひとつ無い快晴の富士山でした!

P1000345

P1000342

P1000353

2009年10月28日 (水)

国道138号線 籠坂峠・山中湖方面自転車抜け道

土日・祝日の国道138号線は御殿場インターから須走区間で大渋滞が発生します。

渋滞の車の脇を自転車ですり抜けながら山中湖方面に向かわれる方が多く見られるので安全・快適に自転車で走る事が出来る裏道をご紹介します。

御殿場インター方面から国道246号線の陸橋を越える所から。

001_2

246を越え少し走ると1車線になり、直後の「ぐみ沢下」交差点を右折します。

(とんかつ「かつ榮」が目印です。ちなみにここのとんかつ美味しいです!)

002

平坦な道を2.5km程走ると県道150号線の交差点にぶつかりますが直進します。

※この交差点を左折すると138号線オートパラダイス前交差点へ。右折すると御殿場線・足柄駅に着きます。

003

交差点を直進してしばらくの区間は富士山の撮影ポイント!富士山バーン!!

運が良ければこんなにすばらしい富士山を見ながら走れます!

004

1km程進むと信号の有る交差点へ。ここを左折します。

※右側の「ごてんばこしひかり」の看板を目印に!

005

1km程走ると信号の有る交差点へ。ここを直進します。

ここから須走まで車は殆ど走らない快適な道になります!

※標高513m(ここから上りが始まります。)

006

すこし走るとリサーチパークに入ります。リサーチパーク看板が目印!

007_2 

リサーチパーク内は夏は涼しく、冬はまったく風の影響を受けない快適な道です。

008

2.5km程走ると信号の無い交差点へ。ここは全方向一時停止です!

須走地区住民の車が頻繁に横切るので必ず一時停止して安全確認を!

※標高623m

009

010_2

この交差点、時々おまわりさんも見張ってますのでご注意を!

011

交差点を越えるとすぐにキツイ勾配が始まります!(7~10%程度)

012

富士之堡華園ホテルの前を通り。

013

東海カーボンの前を通過。

※標高750m ここがピークです!

014_2

少し進むと国道138号線、「須走南」交差点に到着です!

晴れていれば富士山が正面に!

※一時停止の交差点から2km。

この交差点で奥の側道に入ります。

015

すぐにY字の分岐になりますが、ここは左へ。

016

自衛隊・富士学校の前を通過し。

017

籠坂峠の入り口、「須走」交差点に到着です!

※標高800m

018

この道順で走ると、車の通行も殆ど無く、安全・快適に籠坂峠、山中湖方面に向かえます!

(ちなみにほぼ毎週自転車で走っていますが、この道でローディさんに会ったのは1回だけです。)

000_2

※ 山中湖・籠坂峠方向から御殿場へ抜ける道としても使えますが、「須走南」交差点から一時停止の交差点までの下り区間は一部ガードレールが無く、落ちたら数十メートルの崖下が待っていますのでスピードは控えめに安全運転で十分ご注意を!!

2009年10月27日 (火)

富士山 10月27日

富士山は3日間雪が降り続いた様で、朝見ると雪化粧していました!

これだけ積もるともう来年の夏まで雪は融けないでしょうか?

P1000310

P1000313

P1000319

2009年10月25日 (日)

1年経って

去年、アンカー・RA5を購入してからちょうど1年。

ブリヂストンからメールが届きました。

*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°★:*:・°☆:*:・°

       ブリヂストンサイクルからのお知らせ

*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°★:*:・°☆:*:・°

●● ●● さん こんにちは!
ブリヂストンサイクルWebサイト BICYCLE ONLINE です。

このメールは ●● さんがご購入された以下の自転車についてメールしています。
○ 自転車をご購入されたお店は ●●●●●● 店 です。
○ ご購入された自転車は、アンカーシリーズ(フレーム販売除く) です。(※)
※「未登録」の表示は登録時に自転車の車名が未記入の場合に表示されますが、
 お客様のオンライン登録自体に問題はございません。

さて、ブリヂストンの自転車をご購入いただいてから約1年がたちました。
その後の自転車の調子はいかがでしょうか?

・・・・・・・以下続く。

この辺のフォローは日本のメーカーならではでしょうか!

当初、フレームのちょいキズ品を安く購入しすぐにSORAから105に交換して走っていましたが1年経った今のアンカーはオリジナルは、ハンドル、ステム、フロントフォークのみ。

現在の構成は

STI+FD+RD+クランク+スプロケ=6700アルテグラ、BR=7900デュラエース、サドル=フィジーク・アンタレス、シートポスト=シマノ・SP-R600、ホイール=シマノ・WH-RS80-C24-CL、タイヤ=ミシュランPRO3レース

と当初のおおもかげは殆どありません。

今は6700アルテにしておおむね満足しています。(やはり105と比べると差がわかります。)

Cimg0742

2009年10月24日 (土)

忍野八海-山中湖

今日は先月富士山スカイライン富士宮口5合目に上った時にお会いした厚木のローディさんとその職場の先輩の方を富士山観光サイクリングにご案内しました。

ロマンスカーあさぎりで駿河小山駅まで輪行、家まで来て頂き合流。

まずは富士山観光という事ですので、さえぎる物が無い富士山定番撮影ポイントへ!

Dscf0614

Dscf0617_2

その後、林の中の道を進み須走へ。

Dscf0620

籠坂峠を目指しますが、ちょっと寄り道して富士あざみラインを少しご案内。

Dscf0627

途中コンビニ休憩してから籠坂峠を目指します。

Dscf0630

しばらく走り籠坂峠に到着。

Dscf0633

山中湖まで下り、そのまま忍野八海に向かいました。

Dscf0635

Dscf0638

Dscf0640

この時にはまだ富士山が見えていました。

Dscf0641

Dscf0646

少し歩き回り、忍野八海のうどん屋さんで、うどんと草もちを食べて山中湖へ戻ります。

山中湖のサイクリングロードを走り。

Dscf0655

三国峠と明神峠を経由して静岡県に戻りますが上り始めるとポツポツと雨が降り出しました。

雨の中上りしばらくして、富士山と山中湖の絶景ポイント。(富士山は雲の中)

Dscf0658

三国峠を下る途中で幻想的な山々!

Dscf0663

路面が完全なウエットな状態で明神峠の激坂区間に突入!

スリップに注意しながら慎重に下って行きましたが、最激坂部分のグレーチング手前でさらに減速しようとブレーキを強めたらリアタイアがロック!曲がれないshock

予めマージンを取って道路中央寄りを走っていたので事なきを得ましたがおもいっきりビビリました!

タイヤはミシュランPRO3レースを履いてい、今までウェット路面の富士山スカイラインを下る際にも滑る様な事はありませんでしたが、激坂+路面が悪い明神峠を雨の時には下るものではないと痛感しました。

(三国峠と明神峠はドリフト対策や、激坂カーブ付近にやたらとグレーチングがありますので路面ウエット時は十分ご注意下さい!)

その後下り続け無事に麓に着き、富士チャレンジが開催されている富士スピードウェイへ。

Dscf0664

予定ではこの後、足柄峠に上るつもりでしたが雨が降り続いているので中止し、道の駅ふじおやまで休憩をしてサイクリング終了となりました。

時間が若干早かったのでお二人には、駿河小山駅近くのゆったり湯に立ち寄る事をお進めしてお別れしました。

091024oshino

走行距離 60.1km

2009年10月22日 (木)

オリオン座流星群

昨晩は、オリオン座流星群の極大日(一番流れ星が多く見える日)!

国立天文台の予想ではHR70(1時間に70個程度流れ星が見られる)と有ったので

夜、10時頃からベランダから観察してみましたが国立天文台の予想はおおはずれ!?

結局、3時間程夜空を眺めて流星は3個しか確認できませんでした。(寒かった。)

運良く写真に写っていましたのでご紹介!

(写真左下に流星が写っています。右上がオリオン座です。)

Dsc_01161

やはり流星観察は確実に有る程度の数が見られる、しぶんぎ座流星群(1月初旬)と

ペルセウス座流星群(8月中旬)がお勧めです。

他の地域ではたくさん見られたのでしょうか?

撮影カメラ ニコン D200 、撮影レンズ ニッコール 35mm F1.4

撮影日時 : 2009:10:22 00:21:51 

絞り F2 露出 30秒 ISO 400

2009年10月20日 (火)

ジロ・デ・イタリアの激坂 新たな限界に挑む片山右京

夢の聖地へ ジロ・デ・イタリアの激坂 新たな限界に挑む片山右京

元F1レーサー片山右京が100周年を迎えた世界最高峰の自転車レース
「ジロ・デ・イタリア」を観戦し、自らも数々の名勝負を生み出してきた
激坂ポルドイ峠の走破に挑む。

プレミアム8 紀行

NHK BS-hi  10月21日(水)午後2:00~3:30

2009年10月19日 (月)

小山町フィルムコミッション

地元、小山町には小山町フィルムコミッションと言う、映画やドラマの撮影場所を提供する事業が有り町が運営をしています。

そんなわけで、テレビドラマを見ていると見覚えの有る風景が毎日の様に見られます。

※どんな作品が撮影されたかは小山町フィルムコミッションの「作品集の紹介」のページをご覧下さい。

又、町内を自転車で走っていると、時々ロケ現場に遭遇する事があります!

今後、自転車ネタが無い時にドラマや映画で撮影に使われた場所を少しずつご紹介したいと思います。

まずは最初は、

先月終了したフジテレビの月9ドラマ「ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~」の第5話でチームが合宿に向かうシーンの撮影場所をご紹介します。

撮影場所は、小山町文化会館前の道路です。

小山町文化会館

1_045

ドラマで放送された場所!

1_049

ドラマを録画されている方は一度見直して見て下さい!

2009年10月18日 (日)

籠坂峠-山中湖-三国峠-明神峠

外に出てみると、富士山の山頂部分が真っ白に!

富士山ライブカメラの富士吉田を見ると山梨県側は快晴の模様!

と言う事で行ってみましょう山中湖!

家の近くの定番富士山写真スポットで。

Dscf0495

須走まで上り、ローソン前の交差点を左折。

Dscf0508

左の道に引き寄せられないように直進します!

Dscf0509

ちょうど籠坂峠を上りきると、サイコンの距離が6000.00kmに!

Dscf0510

ローソン交差点から籠坂峠の看板まで23分でした。

峠を下り山中湖交差点へ。家から18km、65分。

湖畔を走り、サイクリングロードに入ってポタリング。

Dscf0523

湖畔と富士山をバックに自転車をパシャリ。

Dscf0525

とりさん水浴び中!

Dscf0530

サイクリングロードから一般道に移り、小山町に抜ける県道へ。ここを左折します。

Dscf0542

三国峠に向けて高度を上げていくと、富士山の絶景撮影ポイントには午後2時半で

夕暮れの富士山を撮影しようとしているカメラマンの場所取ですごい人と三脚が並んでいました!

皆さん夕暮れまでひたすら待ち続けるみたいです!

Dscf0547

ちなみにこんな絶景の富士山撮影ポイントです!(おもいっきり逆光ですが!)

Dscf0549

山中湖全貌!

Dscf0550

ちょっと走ると三国峠の山梨-神奈川県境へ。

Dscf0555

10%勾配を少し下ると、神奈川-静岡県境へ。

Dscf0561

小山町に入ったので、いつもの金太郎さんの案内が!

Dscf0564_2

これから激下り区間が始まります!今日はすべての勾配標識を撮影してみました。

標識を撮影するのも片手でブレーキを握っていないと傾斜で下りだしてしまい一苦労です!

最初は「13%」!

Dscf0566

続いて「15%」!

Dscf0567

車のブレーキが故障した場合の「緊急避難場所」の案内!

Dscf0579

「13%」!

Dscf0580

明神峠に到着!

自転車・バイクの事故が多いので現在はゲート封鎖されています。

Dscf0581

ここにも金太郎さん!

Dscf0583

と、激坂を上ってきたローディーさんが!

ファイトー!!

Dscf0585

続きで「18%」、峠最勾配です!ここは輪っか舗装で上りも下りも辛いです!

Dscf0586

「14%」!

Dscf0589

またまた「18%」!

Dscf0590

で、静岡県側で一番傾斜のゆるい「12%」!

Dscf0593

ちょっと下ると明神峠入り口に到着です。

Dscf0595

この後、小山町役場まで下り足柄駅、アウトレット脇を通って帰宅しました。

091018yama

走行距離 63.5km

2009年10月17日 (土)

今日のお言葉を探しに

今日は、天気予報では午後から雨模様。

雨が降り出す前に町内をポタリング。

時々こちら方面に走りに来られる、のぶぞうさんのブログに度々登場する

「今日のお言葉」の掲示されている所を探しに行きました。

のぶぞうさんからおおよその場所をお聞きしたので、付近を探してみると有りました!

1_022_2

今日もなるほどと思う事が書いてありました。

掲示板の有る道は、自転車で毎週の様に通っている所ですが今までまったく気付きませんでした。

これからは、一度立ち止まってお言葉を読む楽しみが出来ました。

ちなみにこの掲示板は、普通の民家の軒先の壁に吊り下げられています。

091017pota

走行距離 34.4km

2009年10月12日 (月)

快晴の富士山スカイライン

今日は自転車は完全休養にして車で富士山スカイラインに行ってみました。

富士山富士宮口を上りますが、祝日という事で車が多いです。5合目駐車場最上部は満車でした。

一段下の駐車場に車を止めました。5合目は多少風がありましたが寒くは無かったです。

P1000128

富士山山頂のアップ写真。

Dsc_0016

Dsc_0018

宝永山上部

Dsc_0019

水ヶ塚駐車場とぐりーんぱ。

Dsc_0006

富士山こどもの国。

Dsc_0011

雲の合間から駿河湾と三保の松原。

Dsc_0036

しばらく景色を眺めてから5合目を後にし、水ヶ塚駐車場へ。

こちらでもすばらしい富士山が!

P1000138

P1000139

Dsc_0055

先程までいた5合目の駐車場も見えました。

Dsc_0058

水ヶ塚駐車場から見る宝永山のアップ写真。

Dsc_0062

Dsc_0063

駐車場を後にして、御殿場口へ。

水ヶ塚駐車場からは5km程離れていますが富士山の形がだいぶ変わります。

P1000155

Dsc_0083

Dsc_0124

御殿場市街地。

Dsc_0102

山頂の雪は殆ど融けてしまいましたが、久々に綺麗な富士山を眺められました。

※ 撮影カメラ ニコン D200+AF-S 80-200mm+テレコンTC-14EⅡ ・ パナソニック DMC-TZ7

2009年10月11日 (日)

足柄峠 神奈川県側へ

今日は、とりあえずいつもの様に須走へ。

須走まで上ると雲の隙間から雪化粧した富士山頂がみえました!

Dscf0397

その後、天気も良かったので急いで下り足柄峠へ神奈川側に下りてみようと!

この山の上まで上ります。

Dscf0402

足柄駅の裏のいつもの金太郎さん!

Dscf0407

上る途中で見えた富士山頂。

Dscf0409

しばらく走って足柄峠に到着。そのまま神奈川県側に下りてみます。

Dscf0412

下る途中、神奈川の街並みが見られました。相模湾に浮かぶ江の島、その向こうに三浦半島も見る事が出来ました。

Dscf0432

坂をひたすら下り、南足柄市役所の交差点まで下った所で折り返します。

Dscf0420

すぐに南足柄市市営総合グランドを通過。

Dscf0421

ここは20数年前に高校のマラソン大会でバスでこのグランドまでつれてこられて

これから上る足柄峠を越えて静岡県側の学校に戻るスタート地点でした。

どんどん走って行きますが下って来る時はかなりの勾配があるな思っていましたが、

実際に走ってみたらクルクルと高ケイデンスでわりと楽に上って行けました。

トンネルを通過。

Dscf0424

トンネルを過ぎるとすぐに地蔵堂に。

Dscf0427

地蔵堂を通過すると斜度がきつくなります。

Dscf0428

その後、2km程の激坂部分を淡々と上りきり、静岡県に戻ってきました。

Dscf0433

峠付近は観光客でにぎわっていたのでそのまま下り、途中大野山が良く見えていたのでパシャリ。

P1000101

さらに下り、見晴らしの良い富士山の絶景ポイントで家並みを撮影。

ここから家まで直線距離で5km程ですが写真を撮ってみると家が判別出来るんです!

下の写真にもばっちり自宅が写っています!

P1000103

撮影後、小山町役場まで下った後帰宅しました。

Dscf0439

今日は坂ざんまいの一日でした。高度グラフに平らなところが無い!

091011ashigara

走行距離 70.5km

2009年10月10日 (土)

富士山スカイライン 富士宮口入口-御殿場口

今日は、朝10時過ぎまで雨がザーザー。11時頃に晴れてきて富士山方向を見ると

雲の間に雪化粧した富士山が!

P1000037

富士山に行けばもっと良く見えるかもと浅はかな考えで富士山に向けてGO!

まずはいつもの滝ヶ原自衛隊前で写真を1枚。富士山は雲の中。

Dscf0346

上って行くと、御殿場区間起点の道路情報には「大型車通行止」と表示されていました。

Dscf0347

直線区間を淡々と上っていると、前方からランナーが下りてきてすれ違いざまに呼び止められ、

「この辺て熊なんて出ないですよね?」と聞かれたので「たぶん出ないと思います。」と答えたら

たぶんが気になったのか急いで走って下りていかれました!

※スカイラインの富士市区間には「熊出没注意」の看板がありますが...

Dscf0358

さらに上って行くと直線区間終盤付近にある温度計(標高950m)は「11℃」を示していました。

※走りながら撮っているのでぶれています。

Dscf0350_2

その後、御殿場口入り口-水ヶ塚駐車場を通過し富士宮口入り口まで行ってみましたが

富士山は顔を出さず。ここで引き返しました。

Dscf0355

水ヶ塚駐車場まで戻り、ウインドブレーカーと冬用グローブをはめて下る準備をしますが

気温は5℃程度しかありません。めちゃくちゃ寒いです。

Dscf0362

あまりの寒さと路面が濡れていたので超低速で下り太郎坊まで来た所で御殿場市街方向は

明るかったので御殿場口に上ってみました。

御殿場口は1kmちょっとで150m程上るのでかなりの激坂です。

上りきるとそこには下界が綺麗に見えていました。

東富士ダム、山の向こうには松田市街も見えます。

P1000080

富士スピードウェイと東電の東富士変電所。

P1000081

直線距離で15km程離れている、小山町の文化会館金太郎ホール。

※コンデジ最高12倍ズームのパナソニック TZ7で撮影しています。

P10000501

滝ヶ原自衛隊と米軍キャンプ。森の中を走る富士山スカイラインもわかります。

P1000069

裾野市付近の第2東名高架橋。

P1000076

しばし景色を眺めた後、激坂を下りました。

御殿場口入り口にて。

Dscf0380

その後、麓まで下り御殿場市内・小山町内を走り帰宅しました。

今日の富士山頂、14時の気温が-8℃。5合目付近は0℃前後と予想されますので

今年はもう余程天気が良い日でなければ自転車で5合目に行くのは厳しいかもしれません。

091010gotemba

走行距離 71.4km

2009年10月 8日 (木)

久しぶりの富士山

台風が通りすぎた後に、久々に富士山が顔を出しました。

昨日のニュースでは、富士山頂は初冠雪で雪の積った映像が流れていましたが

雪は融けてしまった様です。

P1000187

P1000216

P1000213

P1000230

2009年10月 4日 (日)

足柄峠 様子見

今日は足柄峠の工事がどうなっているか様子見に。

Dscf0300

いつもの金太郎さんを撮影して上ります。

Dscf0302

峠手前の工事区間まで来ると、砂利道は舗装されていました!

Dscf0312_2

しかし工事期間がまたまた延長されていました。

そのまま峠まで上ります。

Dscf0306_2

久しぶりに峠の標識で写真撮影してすぐに下ります。

Dscf0317

下る途中で、前から上ってみたいと思っている大野山の牧場が見えたのでパシャリ。

その後、2時スタートのF1に間に合う様ダッシュで帰宅し、日本GPをテレビ観戦しました。

091004ashigara

走行距離 25.5km

2009年10月 3日 (土)

雨に降られて

昼過ぎから少し晴れ間ものぞき路面も乾いてきたので、いつものように須走へ。

Dscf0274

途中では明神峠の激坂、わっか舗装部分も良く見えていましたが、

須走に近づくにつれポツポツと雨が!

ショートカットしてスピードウェイまで下りましたがやはりポツポツ!

Dscf0279

ついさっきまで見えていた明神峠も完全に雲の中へ。

Dscf0278

愛鷹山、富士山方面には見るからに危ない雲が!

急いで家に向けて進路変更。

家に近づくにつれ雨がひどくなりましたが、それほど濡れずにすみました。

F1の予選開始時間には家に着きましたのでテレビを見ると鈴鹿は晴れの良い天気でした。

走行距離 27.3km

2009年10月 2日 (金)

F1 世界選手権 イン ジャパン

今日、F1 日本GPが鈴鹿サーキットで開幕しましたが、地元の富士スピードウェイは又も2年間の開催で中止。

1970年代と2000年代、各2年計4回のF1開催で終わってしまうのでしょうか?

懐かしい物がまだとってあったので少し紹介。

Cimg0717

1976年のF-1 世界選手権 イン ジャパンの公式プログラム。

豪雨の中、ジェームス・ハントがニキ・ラウダのポイントを逆転してチャンピオンを獲得した名レースです。

名車のタイレルP34(6輪車)も走っていました。

Cimg0718

当時の入場券!

Cimg0719

続いて1977年 F1 日本GPの公式プログラム。

Cimg0720

日程には「ブリヂストンサイクルロードレース」と書いてありました!自転車レースも開催されていた様です。

Cimg0711

Cimg0716

Cimg0712

このレースでは、ジル・ヴィルヌーヴが立ち入り禁止区域に入り込んでいた観客に突っ込み観客とガードマンが死亡した痛ましい事故が起こりました。この事故が原因で以後、1987年まで日本でF1は開催されませんでした。

当時、家からスピードウェイまで歩いていって、レースよりも駐車場に止まっていたカウンタックやロータス・ヨーロッパ、ランチア・ストラトスをみつけて喜んでいたのを覚えています。(スーパーカー少年でした!)

レースの方はメインスタンド中央付近で観戦していてレース序盤にマリオ・アンドレッティがヘアピンでクラッシュしリタイアした場面とメインストレートを走るジョディ・シェクターのウルフが印象に残っています。

Cimg0724

タイレル・フォード P34 6輪車

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

山中湖 絶景くん

タイトルのみ表示


無料ブログはココログ